比較レビュー.コム

どっちがいい?比較情報発信

お店 生活

古着を買う人と買わない人の理由と心理を性別や世代別に調査

あなたは古着を買いますか?買いませんか?

他人が一度着た中古の服をいくら洗っているとはいえどこの誰が着たのか分からない服を着るのに抵抗がある人は案外多いものです。

しかしまったく気にしないって人も一定数います。

今回は古着を着れるか着れないか、古着を買うか買わないかをテーマに性別・世代別に意見比較してみました。

                   Sponsored Link

古着を買う派の意見

30代女性

私や主人用に古着を購入するときは新品ではなかなか手の届かないようなハイブランドの服を古着で買います。

ハイブランドなので古着でも数千円の値段で売られていることが多いですが品質が良いのでよっぽど安く売られていない限り生地や縫製もしっかりしていてまだまだ着られるものが多いです。

新品なら何万円もすると思えば少しぐらい着用感があっても特に気にしないです。

子供用の服はほとんどといってもいいぐらい古着です。

ワンシーズン着たら翌年はもう小さくなって着られないし、外遊びなどですぐに汚れたりいつのまにか穴があいてしまったりするので、それなら古着で数百円で購入してとことん着古します。

20代女性

今の人は、ものが古くなったから捨てるのではなく、趣味じゃないからという理由で捨てたり売りに出す。

つまり、品が良くても平気で廃棄するのだ。

なので、自分が欲しいものが安く買える古着は大変ありがたい。

もちろんどの程度古いかにもよるが大抵のものはかなり安く、いい状態で手に入る。

また、古着屋に行き、安い服を買うことで、たくさんの品を安く買い、且つ色んなバリエーションの服にトライすることができる。

新品の洋服はお店のコンセプトの洋服しか売っていないが、古着屋は色んなバリエーションの服を一箇所で売っているので、普段の自分なら試さないような服を試すきっかけにもなる。

30代女性

自分の服もそうですが、特に子供服を買います。

ブランド品も安く買えますし、すぐにサイズアウトするので新品を買うのが勿体ないからです。

また、子供は食べこぼしや外出などですぐに汚してしまいます。

そんな時古着なら躊躇なく捨てられますし、子供に注意をさせながら食べさせたり遊ばしたりしなくて済むからです。

ブランド品ならば綺麗に着ていれば、その後また古着屋で売ったりも出来るので経済的にとても助かるので、古着は買う派です。

20代女性

古着でも、好きなデザインや形の服は沢山見つけることができます。

それだけではなく、値段もお手頃で沢山購入することも可能です。

古着と言ってもヴィンテージというものもあります。

ヴィンテージ物の中には高いものもありますが、一目惚れするものも多いです。

古着を着ると、個性が出せるので人とかぶることも少ないです。

その為、おしゃれの幅も広がりいろんな服装に挑戦できます。

ブランド物の古着などもあるので買うことも多いです。

古着は買わない派の意見

30代女性

以前の持ち主の気持ちとか残っていそうで気持ち悪い。

どのように扱われていたのかもわからないし、自分で洗濯しても匂いとか気になる。

クリーニングに出したらいいのかもしれないけど、そこまでして古着でなければならない意味がわからないし、そうまでするくらいなら新品を買うか、作った方が安くすみそう。

知り合いから譲ってもらうのならそこまで抵抗はないけれど、やっぱり清潔感のない人なら嫌だし。

古着がトレンドになっても買うことは絶対にない。

30代男性

古着は絶対に買いません。

それは死んだ人の遺品整理の為に売られると聞いたことがあるからです。

酷い時には、自殺部屋にあった衣類を不動産会社の人が処分の為に売ったり、遺族が売ったりするそうです。

夜逃げ部屋やゴミ置き場のゴミの中からも売られるとか。

そんな服はいくら洗ってあったとしても絶対に着たくない。

なので中古の服は無料でもいりませんし、買いません。

30代女性

ファッションの「一点もの」「個性的」という言葉には弱い方だと自覚していますが、古着は誰が着たのかが分からないので買わないです。

ワキガの人が着ていて臭いが染み付いた服や、水虫の人が履いた靴などがあるかと思うとゾッとします。

ヴィンテージジーンズは洗っていない方が価値があると聞いたことがありますが、それも不潔な感じがして嫌です。

また、照明が暗かったり、地下にあったり、お香が焚かれていたりする古着屋さんの雰囲気も苦手で、「これは臭いやほころびをごまかそうとしているんじゃないか」と疑ってしまいます。

40代女性

個人的に全く知らない人間が使用した物は衣類に限らず絶対に使いたくありません。

何というか念の様なものを少なからずども感じてしまうからです。

ですから、たとえ洗濯をしてあったり、クリーニングに出してある古着であっても一度でも全く知らない人間が着たものは気持ちが悪いです。

そういも物をお金を払ってまで買う気は全くありません。

ちなみに夫が古着購入に抵抗がないので良く利用しますが、時々、一緒に古着店に行くと、店内に足を踏み入れただけで気持ちが悪くなってしまいます。

50代男性

知らない誰かが来ていた服を購入して自分が買うことを想像できません。

前の所有者がどのような扱いをしていたのか、清潔に着ていたのか、考え出すと最悪のケースを想像してしまいます。

古着屋さんのイメージがあまり良いと思っていないことも買わない理由の一つかもしれません。

古着屋さんのお店の中は非常に混沌としているイメージがあって、また店員の皆さんも独特の雰囲気を醸し出しているようで私には接しにくい人たちに思えてしまうのです。

40代女性

身につけるものは、親、姉妹以外ムリです。

アクセサリーなどの小物は消毒済みなら買う事はありますが、基本、新品未使用を選びます。

特に服と靴はアカの他人は絶対に気持ち的にムリです。

親しい友達でもやり取りはしません。

ちなみに銭湯、足湯もムリです。足湯は特に映像を見るのもあまり好きではないので、基本、肌が触れるものが、他人が使っていたとか共有するとかはありえません。

逆に自分が来ている服も売ったりはしません。

40代女性

新品が好きだからです。

古着の方が安くて経済的で良い、おしゃれで良い、という方もいらっしゃると思いますが、私は安くても他の人が着たものは抵抗があるため、買うことができません。

ちょっと値段が高くてもやっぱり「新品」が一番だと思います。

こだわりすぎだ!と言われるかもしれませんが、そんな理由で「新品」にこだわってしまします。

ですが、親しい友人からいただいた「古着」であれば着ることができます。ということで、古着は買いません!

50代女性

正直に言うと、誰が着たかわからない服を着ることには抵抗があるからです。

いくらクリーニング済みであっても、どことなく気がすすまないというのが理由です。

ビンテージ物の衣類には興味がないので、古着とは縁がない生活をしています。

しかし、私の娘は抵抗なく古着を買って、着ているところを見ると、世代のギャップを感じます。

私のような世代では、古着屋さんなどはそうは見かけなかったので馴染みが薄いというのも理由の一つです。

40代女性

古着でしか手に入らないものがあったり、同じものが安価で手に入るなど古着を購入するメリットはあるとは思うのですが、もともと他人が着ていた服を着ることに非常に抵抗があります。

どんな人が所有していたのかどうしても気になってしまいます。

例え何回も洗濯したとしても、元の所有者の運気などがしみ込んでいると思うので、それを身につけるのが単純にこわいです。

ですのでお金を出してまで購入することは絶対にしたくないです。

20代女性

買わないし、売りません。

少し潔癖の気があるのかもしれませんが、どんなに見た目がキレイで清潔感があっても、誰かもわからない人が着た服は...。

デザインが気に入っても、使い捨てになるでしょうねw

いや、試着できる気もしないです。

こういうとお古を着せられた兄弟には申し訳ないですが、長女の私は他人の古を使う・着る経験がなかったので、余計に抵抗感があるのかもしれませんね。

手入れがされているものばかりではありませんし。。

40代男性

私が普段着るのは薄着の格好が多いです。

家では年中Tシャツとパンツ1枚でも大丈夫です。

なので元々着る服の種類自体が限られているためにその消耗も激しいものがあります。

まずは新品を買ってとことんまで着る、そしてボロボロになってきたら捨てるなり雑巾に使うなりします。

最初から古着を買うメリットは私の中ではありません。

古着は買うものではなくて家族や友人からもらう物であればいいとは思います。

しかし自分で買う必要はないと考えます。

30代女性

清潔感に欠けている気が致します。

味のあるものや、安くて可愛い商品も多いとは思いますが、どんな方が着用していたのか、どのくらいの期間きていたのか、ちゃんと洗濯していたのか不安です。

試着も何回もされていたらいやですし、もし、不潔な人だったりお風呂の入っていない方が持ち主であればぞっと致します、、、

とにかく安心感がないです。

汚れなどもあるかもしれないので古着は買わないです。

安心感のある袋に入っている新品を購入致します。

30代女性

古着でもデザインが良く自分の好みの服もありますが、前に誰がどのように着ているか分からないので、買ってまでは着ようとは思わないです。

これは性格的な問題でもあるかと思いますが、基本的に自分以外の人が着用した服や使った物など、購入しようとは思いません。

潔癖症という程ひどくはないと自覚していますが、生理的に受け付けないのです。

実際、古着などは販売前に綺麗に洗濯され、清潔な状態で販売されていると思いますが、購入して着ようとは思えないのが現状です。

40代男性

自分の着た服を古着屋さんにもっていくことは、よくします。

でも、自分では、古着屋さんで、絶対に買いません。

やっぱり、気持ち悪いです。

クリーニングしてあるんでしょうけど、それも100%信頼できるわけではありません。

肌に直接触れるものですし、シャツとかだったら、首のあたりが、誰かが過去に着た服と触れる訳ですよね。

気持ちのいいものではありません。

だいたい、古着屋さんに行くと、何か変なにおいがする気がします。

男性ですと、体臭のきつい人もいますし、どう考えてもNGです。

 

-お店, 生活
-,