比較レビュー.コム

どっちがいい?比較情報発信

食べ物

トーストにはバター派?マーガリン派?

トーストに塗るのはバターとマーガリンどっちが好きな人が多いのか。

世代や性別で違いがあるのか意見比較してみました。

                   Sponsored Link

トーストにはバター派の意見

40代女性

絶対にバターの方が圧倒的に美味しい。マーガリンは不味い。マーガリンは不味い上に身体に悪い。身体に悪い上に不味いものを、安いからと言って食べる気には到底なれない。マーガリンはプラスティックを食べているようなものだという。マーガリンは植物性だから健康的だと長年宣伝してきたくせに実は身体に悪いとか詐欺じゃないですか。私はいくら体にいいと言われても不味いから食べませんでしたが。不味いものは食べたくないです。

40代男性

トーストにつけるのは、マーガリンかバターかどちらが好きかということなのですが、どちらもそれぞれの味の違いがあって美味しいとは思っていつも食べています。ただ、マーガリンは比較的安価なので、家庭でよく購入して使っているのですが、バターは、家庭で使うことがあまりないので、使って食べたときはやはり違いを感じてしまいます。マーガリンも油分があまり多くないものであれび、結構好きです。バターは手作りのものが好きです。

40代女性

バターはマーガリンに比べて値段は高価ですが、体になじんで脂肪分も乳製品なので取り込みやすくて良いと思います。香りも良く、添加物が入っていないのが気持ち的に大きいので。味にコクもあるので。脂肪分も乳脂肪なので、牛乳独特の香りが嫌いですがバターはあまり乳製品独特の香りも強くないのでがトーストに塗ってたくさん食べれます。朝のミルク代わりにトーストに、バターを塗って食べると栄養が凝縮されている気持ちがするので。

40代女性

以前はずっとお値段の安いマーガリンを当たり前に使っていました。ある時期より「トランス脂肪酸は危険」と言われるようになり、いろいろ食べ物について話しを聞いてみると、少量なら大きな危険はないとのことでしたが、やはり頻回に口に入れるものであるなら安全な方がよいと思うようになりました。実際にバターを使い初めてからは、マーガリンよりも後味も良く、コクがあっておいしいので、これからは身体のことを考えてもずっとバターを使うと思います。

20代女性

マーガリンはお手頃価格ですが、その分添加物だらけだからです。
物が安いのには理由があります。
マーガリンをそのまま食べることは難しいですが、本当に美味しいバターはそのまま食べても美味しいのです。
香りも全く違います。いくら芳醇などと書かれていても、所詮は人工の後付けの嘘っぽいにおいです。
バターはパンにのせて溶けた瞬間、自然由来の濃厚な香りが漂います。
安いからとマーガリンで我慢するくらいなら、つけない方がいいと思ってしまいます。

20代男性

トーストにはなんと言ってもバターの風味が合うと思うのです。
動物性油脂でできているバターは、健康を考えた場合にはデメリットがあるというご意見もあろうかと思いますが、食事は人生の中ではとても大きなイベントです。美味しいものを食べたいではありませんか。
濃厚な生クリームからバターが出来上がって、ミルキーな風味が焼かれた食パンのきつね色と共に食欲をそそります。
植物性のマーガリンにはどうしてもこの香りと芳醇さを出すことが出来ないのです。

40代女性

マーガリンって、発がん性物質が含まれていると聞きました。
植物性油から人工的に作っているので、カロリーは低いかもしれないけど、健康に悪いようです。
バターのほうが、人工的ではないので、まだ多少は安全かなと思います。
でも私、実際はトーストになんにもつけないで食べますけどw
トースト自体、焦げ目が発がん性物質と言われていて、あまり食べないですけど。
とりあえずトーストにはバターなら許せるけど、マーガリンは絶対使いません!

 

トーストにはマーガリン派の意見

50代男性

最近ではバター風味のマーガリンがあり、品質や味も十分なのでバターの使用頻度が減った。
カットして使うなど、バターの場合は多少めんどくささがあったり、ケーキやお菓子を作る上ではまだまだバターの使用用途もありながらも、日常生活の上ではソフト仕上げのマーガリンのほうが手軽さを感じる。
また、バターの価格が高騰したり変動もあるため、普段使いには価格も手軽であることから購入時にマーガリンを選ぶことが多くなったことも理由のひとつである。

50代女性

ズバリ!塗りやすいからです。バターのほうがおいしいし健康にもいいと思うのですが、塗る際にうまくぬれずにパンがへこんでしまうことがたびたびあり、少し悲しい気分になります。冷蔵庫から出して柔らかくしてから塗ればいいのかもしれませんが、何度もそれをやっていると品質が劣化していきそうで気が進みません。マーガリンなら冷蔵庫から出した直後にも薄くきれいに塗れるし、自分は毎日食べるわけではないので、健康上もそれほど問題にならないかなと思っています。

20代女性

バターは値段が高いのでトーストにはお手頃なマーガリンを使うことがおおいです。またバターに比べさっぱりしている気がするので朝から食べやすいです。贅沢したい時や、こってり食べたいなと思う時などは奮発してバターを使うこともあります。昔から母が愛食しているマーガリンを私もつかっています。少しお高めですがバターに比べれば安く、マーガリンの中では1番美味しいです。たまにアレンジしてシュガーマーガリンパンや小倉トーストにして食べています。

20代女性

バターは動物油脂でマーガリンのほうが植物油脂なので、なんとなく体にいいきがする。
ただ単に安いもののほうが体に合うタイプなので、バターだと胃がもったりする。
あとカロリーが低いのと、価格もやすい、それと塗るときにマーガリンのほうがやわらかく塗りやすいです。
バターはものによっては切れずに塊のものもありますし、切るのが面倒です。
きってまたしまっておくのもなんか衛生面的にどうなのかなと、不安です。
あと昔からパンにはマーガリンで育ってきているので、特別なにか凄い出来事が起こらない限りパン=マーガリンの感覚なのでマーガリンです。

20代女性

私はトーストにつけるのはマーガリン派です。
なぜ私がマーガリンを選んだかというとマーガリンを塗った時の味と食感がとても好きだからです。
昔はバター派でマーガリンを塗ってみようと考えたこともなかったのですが子供が生まれて手軽に素早く食べたいと考えるようになり、そんな時にコープに記載されていたマーガリンの商品が目に留まって買ってみたのがきっかけです。
マーガリンはバターみたいに塗るのに時間がかからず、味も自分が考えていたよりずっと美味しくてびっくりしました。
今では定期的にマーガリンを購入しています。

40代女性

味わいがよく、安くてお手頃なところが、気に入っています。マーガリンは魚のアブラで作られていると聞いて、その点でもいいな。と、思っております。あと、有名なのが雪印製品ですね。味わいがよく、牛乳に近い風味で、企業の努力を感じます。最近マーガリンが、ちょっと小さくなって悲しいのですが不況の嵐なのでしょう。仕方ないとあきらめております。あと、肉料理のソテーの油代わりにつかえるので、使えるなぁとおもいます。

20代女性

微妙なラインだと思うのですが、「バター風味のマーガリン」を利用します。理由はシンプル、バターよりも安いからです。家族で毎朝使うものなので、その値段差はバカにできません。料理本の「バター」記載もマーガリンを利用しますし、バターを使うのは...お菓子作りの時くらいでしょうか?とはいえやはりマーガリンはマーガリンで、たまにいいバターをいただいてトーストに塗ると、やっぱり味が違うんですよ。好きなのはバターです。

40代男性

私はトーストにはマーガリンを塗る派です。
理由としてはまず健康面を第一に考えるからです。
またトーストは朝食に食べることが多いため、動物性脂肪のバターでは朝から濃厚すぎて胃がもたれそうな気がするのも理由の1つです。
確かにバターはコクがあっておいしいですが、普段からよく食べるトーストに塗るには健康的に良くない気がして使いません。
またバターは固形の塊でマーガリンに比べてトーストに塗りにくくてイライラするのも理由の1つです。

20代女性

バターとマーガリンの違いがよく分からないので、だったら安くすむマーガリンで良いかなと思い使っています。お菓子作りには絶対バターを使用しますが、パンに塗るのならマーガリンで満足しています。子どもの頃からずっとマーガリンだったので、その影響もあると思います。実際、パンにバターを塗るのは、レストランやファミリーレストランで出てくる時くらいなので、あまり食べことがありません。もう少し経済的に余裕ができたらバターを買ってみようと思います。

-食べ物
-, , ,